« 今晩,さるびあ丸に乗船 | トップページ | 一日ごろごろ »

2011年1月29日 (土)

今回も低調だった八丈航路探鳥

八丈航路の探鳥から帰ってきた.
いや〜,海鳥が少なかった.
デッキに出た 0630 から,1427 のコアホウドリまで,
トビウオしか飛ばないんだもんな.
昨年 2月のようにバカスカ出ることを期待してたんだけど,
思ったようにいかないもんだねえ.

« 今晩,さるびあ丸に乗船 | トップページ | 一日ごろごろ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

KDOさん、はじめまして。
以前より、こちらのブログと八丈航路の記録を拝見させていただいておりました。

今回、KDOさんの一日前、28日に八丈航路に乗船、探鳥してきました。
午前中は快晴だったものの波が高く、往路はデッキ封鎖、復路も三宅までは波しぶきと白波でほとんど探鳥は不可能でした。
三宅から野島崎沖までは波も風も収まってアホウドリ(3)、コアホウドリ(200以上)などを見ることができました。

私は写真を撮るため出現した鳥をすべて数えることができず正確な数は捉えていませんが、大荒れの八丈ー三宅間でハイイロヒレアシシギ、トビウオ、イルカ。三宅から野島崎までコアホウドリが常時視界に数羽という状態、ミツユビカモメを20羽ほど、イシイルカなど見ることができました。

波が高くなければ適度な日程で探鳥ができる面白い航路ですね。
今年は数回乗船したいと考えています。また、こちらのブログを参考にさせていただきたいと考えております。

おもさま,はじめまして.
コメントおよび貴重な情報をありがとうございます.

29日の八丈航路は,風がよわく波も高くなく,快適な航海ではありましたが,海鳥の方は低調でして,往路は出現鳥なし,復路もコアホウドリ 27羽,アホウドリ若鳥 1羽,ミツユビカモメ 1羽,ウミネコ 1羽と,さびしいものでした.

28日にコアホウドリが 200羽以上も出たという情報は大変重要です.
1日違いで出現数が 1桁違うことがあるということは,1日だけのカウント結果は,その季節の代表値としてあつかえない,ということになります.
こういう知見が得られたことは大変ありがたく思います.
休暇と資金と体力があれば,1週間くらいの連続調査をしてみたいものです.
また,風が弱いと帆翔する海鳥は少ないのではないか?と感じていましたので,その裏付けにもなりました.

あと,海が荒れるとやっぱりデッキが閉鎖されることがあるのですね.
やはり,デッキが閉鎖されてはかないませんので,今後の乗船時の参考にさせていただきます.
どうもありがとうございました.

KDOさん、こんばんは。
毎回拝見させていただいている航路の調査報告のようにまとまった報告ができませんで恐縮です。

ブログの記事で凪だったのだろうなぁ、と感じておりましたが、やはりそうだったのですね。
八丈航路での探鳥は初めてでしたが、大洗苫小牧航路に3度乗船した経験で、凪には鳥が少ないように感じていました。
凪では海上に浮いている鳥も多く、飛ばない分見かける確率も減るのか?と勝手に考えてました。反対に、嵐になるとウミツバメが増えるという体験もあって、今回も午前中にウミツバメを期待して手摺りにつかまりながら探鳥していました^^;

KDOさんのような報告はできませんが、また乗船しましたら報告に伺わせて頂きます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今回も低調だった八丈航路探鳥:

« 今晩,さるびあ丸に乗船 | トップページ | 一日ごろごろ »