« 鳥@八丈航路下り便(御蔵島沖〜八丈島,東京都)[速報版] 2011年1月29日(土) | トップページ | 家事を放り出して探鳥記録の整理 »

2011年2月 1日 (火)

鳥@八丈航路上り便(八丈島〜東京湾口,東京都)[速報版] 2011年1月29日(土)

* 時刻:0950〜1720
* 天気:曇りのち晴れ,御蔵島・三宅島では雨

* 出現鳥:

アホウドリ亜成鳥1,コアホウドリ27,ウミウ1,
ウ類1,トビ1,シロチドリ2,
ムナグロ4,ウミネコ1,ミツユビカモメ第1回冬羽1,
ハクセキレイ2,タヒバリ1,タヒバリ?1,
ハシブトガラス9,カラス類1/11+?3種

* 備考:

乗ってきた「さるびあ丸(4973トン)」で,とんぼ返り.
帰りの上り便が本番.

風がよわく,波も高くなく,船もゆれずに快適な航海.
下り便では欠航となった御蔵島港にも就航できた.

八丈島から三宅島までは,トビウオしか飛ばなかった.

洋上で海鳥が出たのは,三宅島三池港出港後.
1427 に,やっとコアホウドリが出てくれた.
コアホウドリは 1618 までに,27羽が出た.

1551,コアホウドリ 3羽といっしょに,
黒いアホウドリ亜成鳥が波間に浮かんでいた.

1651には,ミツユビカモメ第1回冬羽が,高い位置を飛んでいった.
M字パターンが印象的だった.

1719に,ウミネコが海面を飛んでいたが,暗くて識別がかなり困難だった.

1720,さすがに暗すぎるので,探鳥終了.

ほかには,八丈島底土港で,シロチドリ,ムナグロ,ハクセキレイ,
御蔵島港で,ウミウ,トビ,タヒバリ,三宅島三池港で,ハシブトガラスが見られた.

Bhk20110129_trs
八丈航路上り便航跡図(0950〜1720)

Bhk20110129_salviamaru
「さるびあ丸」の救命浮環

« 鳥@八丈航路下り便(御蔵島沖〜八丈島,東京都)[速報版] 2011年1月29日(土) | トップページ | 家事を放り出して探鳥記録の整理 »

探鳥記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 鳥@八丈航路下り便(御蔵島沖〜八丈島,東京都)[速報版] 2011年1月29日(土) | トップページ | 家事を放り出して探鳥記録の整理 »